10月の活動は雨でミーティング

本日は、雨天予報の影響でGood Newsのゴミ拾い活動は中止になりましたので、今日はゆっくりみんなでお話をする機会にしたいなと想いミーティング日にしました( ´ ▽ ` )/

朝、くるめウスに到着すると、中止にしたはずなのに沢山の人が集まってくれていて「今日はゴミ拾いしないの?」と声をかけて下さいました。

嬉しいよね。雨の日でも、中止になっても。こんなに筑後川を思ってくれている人がいる。せっかくのご好意。少しだけゴミを拾って、ミーティングへ( ´ ▽ ` )/

数ヶ月後に控えたGood Newsの10周年。
そして、これからの10年をどんな活動にして行きたいかを皆で話し合いました

久留米市には筑後川や高良川という素敵な川が身近に流れているけど、実は身近な存在と思えている人は少ないという事実。川は危ないから近づいてはいけないと教えられる子ども達。川と人の距離は離れている。

でも本来、川と人の距離はずっと身近で生活に密着してきた。無くては生きていけない大事な大事な存在。

ゴミを拾い河川美化に取り組みながら、子どもも、大人も川で遊び楽しみながら「川と人が繋がる、川をもっと身近なモノに感じられる場所にしていく事」

そして、安全安心に川で遊べるように勉強する事の大事さやそれを伝えて行く事が川での事故を防いでいく事にも繋がって行く。

そのアイディアは無限大

SUPやカヌーで対岸に移動してゴミを拾いに行く。落ちていたゴミや流木でアップサイクルに取り組み、ゴミでは無くて「宝」という意識を広めていく。使用済みコーヒー豆を活用した肥料で花壇作り。月見で乾杯。音楽や、川辺でおでんを食べたりしながらゆったり過ごすカワベリング

いやぁ、わくわくしたね( ´ ▽ ` )/
「はーへーほー理論」でした!!

Good News、カワベリング、加速しはじめましたよ!
皆さん、一緒にワクワクしましょう

日本一愛される川 筑後川へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です