Good newsについて

Good Newsは、九州一の大河である筑後川を拠点とした ・リバークリーン活動 ・筑後川の未来の作り方~自然体験活動~ ・筑後川を綺麗にするユニークな方法!Good Newsカード などを行っています。

Good Newsのはじまり

2008年2月に、福岡県久留米市の久留米大学卒業生ら3人によって「自分たちが見たいと思える様なGood Newsを、自ら発信して行こう!」という想いで結成し、「毎月第2土曜日は筑後川リバークリーンの日」としゴミ拾い活動を開始しました。 HP用①

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年2月で10周年を迎えます

Good Newsは「エコよりもニコ!」をテーマに筑後川を楽しみながら活動しています。ゴミ拾い活動後に美味しい珈琲を飲みながら交流したり、子どもたちはゴミ拾い活動だけでなく、川での遊びを楽しんだり。現在では年間の活動参加者はのべ1000名を超え、ひとつの「コミュニティ」となりました。

ゴミ拾いの日も、「子ども達は今日は○○して遊ぼう!」と、                ゴミ拾いせず遊んだりしています(笑)

筑後川が好きになり「大好きな場所」になる事で、筑後川・環境問題の事を考える気持ちをいつか育んでくれる「きっかけ」になれたら。それが私たちの願いです。

 

FIELD OF VIEW 浅岡雄也さんに応援して頂いています

Good Newsは、「突然」などのミリオンヒットで知られるFIELD OF VIEWのヴォーカル「浅岡雄也」さんに活動を応援して頂いており、楽曲を「テーマ曲として特別に使わせて頂いています。2011年、久留米で開催された「筑後川フェスティバル」のステージイベントとしてGood Newsが企画した「筑後川SUNSET LIVE」にご参加頂いたことがご縁で、ずっと応援してくれています♪

浅岡雄也 HP  http://uyax.jp  

「自然体験活動~筑後川の未来の作り方~」について

Good News代表の中島重人は、福岡県久留米市生まれ。父方の祖母は西日本最大規模を誇る筑後川花火大会の実行委員長を務めていました。そんな環境のもとで幼い頃から祖父や祖母、両親と手を繋ぎ筑後川を散歩したり遊んだりしてきました。

そんな彼も結婚し子どもが産まれた2013年、子どもと一緒に筑後川リバークリーン活動をしていた際に「子ども達にはゴミ拾いよりも、まずは筑後川の大自然の中で思い切り遊んで素敵な思い出を残して欲しい。 それがきっと、筑後川を大事にして行こうと思える気持ちを育むきっかけにも繋がるはず」と、「2014年春、第0回筑後川の未来の作り方~筑後川有明海クルージング」を実施。自然体験活動がスタートしました。

筑後川の未来の作り方「筑後川源流ウォークラリー」

DSC_0586

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも、Good Newsの筑後川リバークリーン活動に参加頂いている参加者のみんなを招待して、「筑後川の最初の1滴=源流」へ出掛けてきました。源流域にある大分県九重町の子ども達と合流し、チームになって地図を頼りに源流を探しにウォークラリーへ♪ なんと、飲むことも出来る源流の水。「すっぱい水」「硫黄の臭いのする水」「甘くて美味しい水」など楽しみました。こんなに綺麗な水が、久留米に着く頃には飲めなくなっちゃう。九重町の自然を堪能した子ども達は「自然を大切にしないとね!!」と笑顔で言ってくれました♪

筑後川を綺麗にするユニークな方法!Good Newsカード

GoodNews表1 Good Newsの活動は拡がって行きそこには大人も子どもも個人も企業も関係ない。暖かなコミュニティが産まれて行きました。この素敵な繋がりを何とか形に出来ないか?と思っていた頃、神奈川県湘南で始まり今や全国規模で拡がっている「ビーチマネー」代表の堀直也さんと出会います。 「ビーチマネー」とは、海を綺麗にするビーチグラスの地域通貨。ゴミを拾うついでに、ビーチグラスを拾って来てくれたら活動をサポートしているお店の商品が割引になるという何ともユニークなこの活動を、筑後川でも取り入れたいと、企画が始まりました。 そこで産まれたのが「Good Newsカード」現在は19のお店や企業が参加して下さっています。筑後川リバークリーンに参加頂くとGood NewsカードをGetする事が出来ます。 そのカードを持って加盟店「Good News SHOP」へ行くと ・ボウリングが1ゲーム無料 ・から揚げ1人前サービス ・ソフトクリームプレゼント などなど皆様の多大なるご協力のお陰で、筑後川流域でこんなにも素敵な取り組みがスタートする事となりました♪

 

エコよりもニコ!で筑後川の未来を作って行く♪

Good Newsのテーマは「エコよりもニコ!」 世の中の新聞やテレビのニュースを見ると思わず溜め息が出てしまう様な難しいニュースが沢山溢れているけど皆で笑顔で取り組んで、広げて行けるGood Newsもきっとあるはず

Good Newsは笑顔で筑後川の未来を作って行きます♪☆Good Newsの活動を動画でご覧下さい

 

Good News事務局へのご質問など

  1. Good Newsの筑後川リバークリーン活動に参加したい方
  2. 自然体験活動に参加してみたい方・企画して欲しい方
  3. 筑後川を綺麗にするユニークな方法!Good Newsカードに加盟したいお店様&会社様
  4. うちの市町村でもGood Newsカードを展開出来ないかな?
  5. Good Newsに関する質問

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です