フレスポ鳥栖にて「復興あさくら産直物産」

2/24(土)にフレスポ鳥栖で開催された「Action7」にて、「三連水車の里あさくら」様とコラボして、「復興あさくら産直物産」と「Good News筑後川流木ハーバリウム販売&ワークショップ」として共同出店をさせて頂きました‪( ´ ▽ ` )ノ‬

九州北部豪雨から半年以上が経過し、今、私たちに出来る継続的な支援を考え産まれた「筑後川流木ハーバリウム」。それから何度か被災地を訪問させて頂き、私たちに出来る事について打ち合わせを重ねさせて頂き、準備を続け、実現した第1回目のイベント企画。

僕らの気持ちが、ひとりでも多くの人達の心に届き、支持して頂けるのか、不安も多くありましたが

結果は大盛況‪( ´ ▽ ` )ノ‬!!

「三連水車の里 朝倉」の皆様が持ってこられた現地の野菜は、完売しちゃうんじゃ無いと思うほど皆さんに購入して頂き、「筑後川流木ハーバリウム ワークショップ」も常に満員で販売も順調。復興支援商品として、モロトミ園芸の鶴久 貴也 さんプロデュースで用意させて頂いた「一輪差しプロジェクト」なども大盛況でした。

今後は3月11日開催の「第39回久留米市ボランティアフェスティバル」でも販売を行っていき、支援金を活用した取り組みの実施と、被災地での筑後川流木ハーバリウムワークショップ開催など継続して行っていける支援に取り組んで行きます。

ひとりひとりに、今できる継続的な支援を、「エコよりもニコ」で、ね。

届けたい思いを、形にして行こう。

次回は3月11日
「第39回久留米市ボランティアフェスティバル」です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です