第1回目カワベリング終了しました!!

【カワベリング】

筑後川を愛する皆さんが集結( ´ ▽ ` )ノ!!

Good Newsがゴミ拾い活動を行う「筑後川防災施設くるめウス」付近(主に高良川付近)で、皆でどんな事が出来るだろう?をテーマに話し合ったワークショップ「第1回カワベリング」のご報告です!!

 

日本全国で、水辺にかつての賑わいを取り戻そうと、様々な方々が取り組んでいるミズベリング。そのミズベリングの第一線で活動されているマツモト タク (Taku Matsumoto)さん、岩本 唯史 (Tadashi Iwamoto)さんを講師兼アドバイザーとしてお招きさせて頂き、民間・任意団体・企業・国土交通省・久留米市役所など皆さんでユーモアたっぷりのアイディアを出し合いました♪

場所は、何と国土交通省九州地方整備局筑後川河川事務所( ´ ▽ ` )ノ国土交通省の皆様に多大なるご協力を頂き、実現したのです。

出来る、出来ないはもちろんこれから考えていかないといけない事ばかりですが、筑後川の河川敷という舞台で皆で出来る事を一緒に考えてカワベを盛り上げていこう!!

ただイベントをやって盛り上げるだけではなく、「筑後川」について関心を持って頂くことが目的。そして、小学性の頃、遠足に行くと学校の先生からよく言われていた「来たときよりも美しく」の精神で、マナーアップにも繋げていく。

約300万人が筑後川の水の恩恵を受けて生活しています。当たり前にいつでも存在してくれている大切な筑後川に、皆が感心を持ってくれて川と触れ合う事で川と住民の距離が近づき、大事にしていきたいと思える気持ちを育んで行く。

そう想い、カワベリングはこれからも取り組んで行きます( ´ ▽ ` )ノ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です