第2回カワベリング終了しました( ´ ▽ ` )ノ

今回は官民連携していく上での心構えについてや、カワベリングが「ハブ」として担っていく役割と、目指す未来についてのお話でした。

「主体的な市民が、責任を持って自らの手で河川敷などの公共空間を楽しく自由に使い、トライアンドエラーで実証実験を繰り返していくソーシャフムーブメント」

その為には、主体となって一緒に取り組んで行く実行委員会を立ち上げて行こうという話になり、本日「カワベリング実行委員会」が正式に立ち上がりました。

これから、5月に行うアクションに向かって実行委員会で協議を始めて行きます( ´ ▽ ` )ノ

今回、改めて私達が行って行こうとしている取り組みの壮大さと、まだまだ勉強不足だという事を学ばせてもらった1日でもありました。

「トライ&エラー」のチャンスを頂き、成長させて頂ける事は幸せな事。でも、これに甘えず、頂いた機会を必ず自分達の力にして、成長していくカワベリングの姿をお世話になった全ての皆様に見守って頂ければと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です